not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」を読んだ感想

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)

町田康の「パンク侍、斬られて候」の解説を高橋源一郎が書いていてそこに「俺もこんなかっこいい小説が書きたかったんだ」と書いておりどんだけバカなやつなんだよと思って彼が書いた作品を読んでみた。勿論パンク侍がダメな小説であると言うことではない。パンク侍みたいな無茶苦茶な小説を敬愛するような人が書く小説は絶対おもしろいと思ったということである。

1200円もした。おもんなかったらこれから高橋源一郎なんて読みたくねーよと思った。

読んでみたらおもしろいのなんのって、詩みたいで自動筆記で書かれたみたいな絶妙な前後関係が僕の心を惹きつけた。一行一行が楽しみでしょうがない小説だった。