読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

レンブラントの光の当て方について知った

光と影 (美術のみかた1) [DVD]

光と影 (美術のみかた1) [DVD]

絵画について解説しているDVDを見た。30分くらいのなので、空いた時間に見れるのが良い。

内容は絵画において、光が与える影響というものだった。人間に光を当てるときに、上、横、下、斜めから当てると顔の表情が全く違って見えてくる。例えば真横からだと陰影がはっきり見えて、自信に満ちているような顔になる。

とりわけ光の当て方にこだわったのはレンブラントという画家だ。彼は多くの自画像を残しており、複数の方向から光を当てることによって、自分の感情を表現しようとした。レンブラントは真っ暗な部屋にモデルを置いて、屋根に穴をあけて、光の当て方を研究したりしていたらしい。

レンブラントの自画像は熱海にある美術館で見ることができる。DVDの内容は20年以上前ものだったから、今も常設されているのかはわからないが、一度見てみたいと思った。
MOA美術館

広告を非表示にする