読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

Illustratorでアイスの棒のようなタバコを描く

f:id:naoyashiga:20140117172120j:plain
チュートリアルばかりやっていても飽きるので、何か作ってみようと思い、タバコを作ってみました。

最近チュートリアルでよく出てきたアピアランスでドロップシャドウをつけたり、ずらして型抜き後濃い色を設定して影をつけることを実際にやってみました。

当初は丸いタバコを作っていたのですが、立体的にしようとしましたがうまくいきませんでした。丸と長方形の境目を作ることが難しかったからです。そこでアイスの棒のような形状で作ることにしました。平たくなり実際のタバコとは異なりますが、気にしないことにしました笑。火のところも同じ形状にすることより、統一感を出しました。


以下は制作する上で調べたことです。

等間隔に整列

火がついてないタバコを等間隔に整列させようと思いました。整列にウィンドウを見ても、間隔を設定するところは見当たりません。調べてみると、整列ウィンドウのオプションから選択できるようでした。

デフォルトでは両端が基準になって整列しますが、基準を変えることもできます。すべて選択した後に、基準にしたいオブジェクトを設定します。このことを「キーオブジェクトを設定」と言います。あとは「キーオブジェクトに整列」を指定して整列させればよいです。

・参考
Illustratorで数値にて等間隔に整列 - デザイン雑学