not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

Titaniumで地図にピンを表示する、フォームを作る

地図にピンを表示する

f:id:naoyashiga:20140224122313j:plain

ドットインストールを参考にしました。
#17 地図を表示させてみよう (2) | Titanium Mobile入門 - プログラミングならドットインストール

コード

var ebisu = Map.createAnnotation({
	latitude:35.645,
	longitude:139.71,
	title:"ebisu",
	animate:true
});
var map = Map.createView({
	mapType:Map.STANDARD_TYPE,
	region:{latitude:35.645,longitude:139.71,latitudeDelta:0.01,longitudeDelta:0.01},
	animate:true,
	regionFit:true,
	userLocation:true,
	width:300,
	height:400,
	annotations:[ebisu]//ピン
});

createAnnotationを使えばピンを表示することができます。ピンを定義した後はcreateViewにannotationsを追加します。

フォームを作る

f:id:naoyashiga:20140224123642j:plain
ドットインストールを参考にしました。
#19 フォームを作ってみよう (2) | Titanium Mobile入門 - プログラミングならドットインストール

テキストフィールドの作成

var tf = Ti.UI.createTextField({
	color:"#ccc",
	hintText:"name",
	height:35,
	width:250,
	top:30,
	left:10,
	borderStyle:Ti.UI.INPUT_BORDERSTYLE_ROUNDED
});

borderStyleを設定していますが、iOS7のデザインをエミュレータが採用しているせいか、枠線はつかなかったです・・・。

フォームの値を取得

button.addEventListener("click",function(e){
	Ti.API.info(tf.getValue());
});

Submitボタンを定義して、クリック時のイベントを設定します。値を取りたい場合は「getValue()」を使用します。上のように書けば、コンソールにフォームの値が表示されます。