not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

「部長 島耕作」より課長編のほうが躍動感がある

部長 島耕作(1) (講談社漫画文庫)

部長 島耕作(1) (講談社漫画文庫)

「課長 島耕作」を読み終えたので、「部長 島耕作」を読み始めました。しかしどうも面白いとは思いませんでした。課長のときのほうが躍動感があった気がします。最初は取締役や社長とそんなに仲良くなかった状態から、島耕作という課長が偉い人と仲良くなっていくというのが読んでいて面白いと思っていました。しかし部長編になると、もう上層部とは馴れ合いな関係になっており、会社の中でのトップというのが見えてしまって、ワクワク感が減ったように感じました。