not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

openFrameworksとCinderの違い、oFのサンプルアプリをOSXでビルドする

高速な描画を求めて

Paper.jsが時々重くなるので、もっと早く描画したいと思いopenFrameworks(oF)をまた勉強してみようかと思いました。以前、oFのiOS向けのものを少しいじったことがあります。oFの力を最大限に発揮するにはiOSよりはOS Xのほうが良いと思い、今回はOS Xを勉強してみることにします。
・以前勉強した時のエントリ
openFrameworks iOSでHello Worldさせてみた - not good but great

oFとCinderとの違い

Cinderとの違いがわからない

似たようなライブラリでCinderというものもあります。oFとCinderとの違いがわかりませんでした。

両者のトレンドを比較


そこでトレンドを調べてみると、Cinderがたくさんヒットしているようです。これは広告業界のコンテストであるカンヌでCinderが注目されたことが少し関係あるのかもしれません。

さらに調べるとPARTYの清水さんがFBにCinderについてのコメントを書いていました。
清水 幹太 - 広告の世界でCinderが突然注目されてしまっているのだけど、ちゃんと解説しないと良くないなあと思うの... | Facebook

oFのほうが歴史があるっぽい

詳しくは使ってみないとわからないのですが、oFの派生系がCinderであり、oFのほうが歴史があるということでした。歴史が長いということで、情報も多いかと思い、oFを勉強する方がいいのかと思いました。

サンプルアプリをビルド

oFをダウンロード

まずは公式サイトからOS X用のoFをダウンロードします。
http://www.openframeworks.jp/download/
exampleフォルダにあるgraphicsExampleをビルドしてみることにしました。

ビルド設定をOS X 10.8にする

'tr1/memory' file not found

Xcodeのビルド設置が10.9以上になっている時、上のようなエラーが出ます。Build SettingからBase SDKをOS X 10.8に変更するとエラーがなくなります。

Kinectで店員を呼ぶ装置:openFrameworksのビルドエラーと対応方法まとめ | Advanced Technology Lab

ビルド成功

f:id:naoyashiga:20140329225119p:plain
graphicsExampleのビルドが成功すると、丸や四角が描画された画面が出現します。