not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

Spritekitで当たり判定を実装


当たり判定を実装した。壁に当たると、衝突を検知する。

赤い線を越えるとスコアが上がるようになっている。衝突してから、何をやるかはまだ実装できていないので、灰色の壁に当たると、赤い線に挟まれて、ぺこぺこなっている。
・参考
SpriteKitでAngryBird風のゲームを作るチュートリアル - 銀の人のメモ帳
[iOS 7] SpriteKitで衝突したときにパーティクルを発生させてみる | アドカレ2013 : SP #9 | Developers.IO
SpriteKitを使ってみる その3 | 日曜研究室

ヘッダファイルにSKPhysicsContactDelegateを追加して、didBeginContactという関数の中身を定義した。これまでデリゲートのことを本で読んだりしてきたけど、実際に使うことはあまりなかったので、勉強になった気がする。

広告を非表示にする