not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

奥山清行「フェラーリと鉄瓶」

フェラーリと鉄瓶 (PHP文庫)

フェラーリと鉄瓶 (PHP文庫)

エンツオフェラーリのデザイナー奥山さんの本を読んだ。内容はカーデザインのことも書いてあるけど、イタリア人の性格とかイタリアの内情の話が多かった。

イタリア人は陽気な人が多いという印象はあるがあれは間違いらしい。階級社会のイタリアでは身分が低い人が社会的な出世をすることはほぼない。そういう人はせめて飲み屋や普段の会話だけでも楽しくいたいという気持ちからあんなに陽気だそうだ。みんな口に出しては言わないけど「諦めムード」を出しているという。だから役所の仕事が遅くても、誰も注意しないし、政治はよくならない、貴族でない自分には関係がないと思うとのこと。

イタリアのことを知れて面白かった。

なぜ奥山清行なのに、Ken Okuyamaと呼ばれているのかについては、書かれていない。。。

さらに詳しい本の解説はこちら
怠け者のイメージが強いイタリア人だけど、実はモーレツに働く - ウェブ1丁目図書館

広告を非表示にする