not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

村上龍「69」は「冬になったら海に行こう」といったところがよかった。

69 sixty nine (集英社文庫)

69 sixty nine (集英社文庫)

この作品は村上龍本人も解説で書いていたように楽しい小説だと思った。誰も死なないし、セックスもしない。つまらない小説家と思いきやそこには60年代あった曖昧な思想が詰まっていた。「何かが変わるかもしれない」というやつだ。だから校長室でもうんこができる。

ジェーンにキスしようとしたときできずに「冬になったら海に行こう」といったところがよかった。