not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

hitOptionsを使い当たり判定を厳密にし、弾丸同士を完全弾性衝突させる

当たり判定を厳密にする

options.bounds: Boolean – hit test the corners and side-centers of the bounding rectangle of items (item.bounds).

hitTestの使い方を調べていると、オプションとしてboundsを設定できることがわかりました。これを設定すると、四隅、辺の中点の当たり判定をしてくれるみたいです。デモでちゃんと動いているのかいまいち不安ですが・・・笑。
・ドキュメント
http://paperjs.org/reference/item/#hittest-point

hitOptionsを定義

options: Object — optional, default: { fill: true, stroke: true, segments: true, tolerance: 2 }

デフォルトの設定が上のようになっています。ですのでこれに書き加える形にしました。

var hitOptions = {
	segments: true,
	stroke: true,
	fill: true,
	tolerance: 2,
	bounds:true//追加
};

boundsを追加しました。

var hitResult = player.hitTest(bullets[j].path.bounds.bottomLeft,hitOptions) ||
        player.hitTest(bullets[j].path.bounds.bottomCenter,hitOptions) ||
        player.hitTest(bullets[j].path.bounds.bottomRight,hitOptions) ||
        player.hitTest(bullets[j].path.bounds.topLeft,hitOptions) ||
        player.hitTest(bullets[j].path.bounds.topCenter,hitOptions) ||
        player.hitTest(bullets[j].path.bounds.topRight,hitOptions);

hitOptionsのboundsにより、playerの当たり判定が厳密になりました。さらにplayerに対する弾丸の当たり判定も厳密にしなければなりません。これはここに設定する必要があります。めんどくさいですが、四隅と辺の中点を設定しました。

弾丸を複数生成する

弾丸を複数生成しました。シンボルで生成していましたが、個々の弾丸の速度を定義するのが大変だったので、オブジェクトを定義しました。オブジェクトって言えばいいのか、クラスっぽいものと言えばいいのか、よくわかりませんが・・・。

//弾丸を生成
for(var i = 0;i < 7;i++){
    bullets.push(new Bullet(i));
}

function Bullet(i){
    this.vx = getRandomNum(vMin,vMax);
    this.vy = getRandomNum(vMin,vMax);
    this.path = new Path.Circle({
        center:[50 + i * bulletRadius * 3,view.size.height - 50],
        radius:bulletRadius,
        fillColor:"#f39c12"
    });
}

弾丸同士の衝突

//弾丸同士当たり判定
for(var k = 0;k < bullets.length;k++){
	var hitResult3 = bullets[j].path.hitTest(bullets[k].path.position,hitOptions);
	if(hitResult3){
		//質量が同じ物体同士の完全弾性衝突
		//速度が入れ替わる
		var tmp = bullets[j].vx;
		bullets[j].vx = bullets[k].vx;
		bullets[k].vx = tmp;
		
		tmp = bullets[j].vy;
		bullets[j].vy = bullets[k].vy;
		bullets[k].vy = tmp;
	}
}

質量が同じ物体同士の完全弾性衝突なので、速度が入れ替わります。物理でやりましたね。懐かしい!!
5.2.3.2 2物体の反発係数 ■わかりやすい高校物理の部屋■

反省

シンボルをやめて弾丸を作った結果、描画が遅くなりました。やっぱりシンボルのまま作って、速度だけ専用の配列を用意すれば良かったかもしれません。