not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

佐藤卓さんは30年前から経験をデザインしている

クジラは潮を吹いていた。

クジラは潮を吹いていた。

デザイナー佐藤卓さんの本。ウィスキーのボトルやCOOL MINTのパッケージデザイン、「おいしい牛乳」のパッケージデザインを手がける。他にも誰もが知っているようなデザインを手かげている人だ。

経験をデザインする

はじめの紹介がニッカウイスキー。題名は「経験をデザインする」。1984年の仕事だから30年も前の仕事だ。核家族化が進み飲む人が少なくても、大丈夫なように500mlにする。女性でも持ちやすくする。空いた瓶を他のことに使えるようにラベルは剥がしやすい水性のノリで貼る。飲むときだけではなく、飲む前、飲んだ後のことまで考えている。

Webデザイン、スマホアプリデザインの非力さ

自分はこれを読んで最近UXで盛り上がっているWebデザイン、スマホアプリデザインの非力さを感じた。もちろん、スマートフォンでコンピュータが持ち運べるようになり、使用する場面のバリエーションが増えたことでUXが最近注目され始めたというのはある。またネットワークの普及からどこでも繋がり、動画の通信も素早くできるようになったということも、使用場面のバリエーション増加の原因になっていると思う。

佐藤さんは30年前からそれをやっている。プロダクトデザインからWebデザイナースマホアプリデザイナーが学ぶことはたくさんあるんじゃないかなと思った。