not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

ほぼ1年ぶりの更新

久しぶりに更新してみる。過去の日記を見ると、休学が始まる直前で、何をしようかと悩んでいたころだとわかる。休学が終わってみると案外あっさりしていた。

休学時はざっと言うと、インターン、旅行、就職活動、そしてプログラミングに時間を割いた。特に夏にインターンに行ったことがそのあとの生活に影響を与えた。秋はインターン終えてもっと勉強しようと思い、コードを書き始めた。そのうち大学院に行くよりも、就職したほうが自分のやりたいことができるかなと思い就職活動を始めた。今年の春に就職活動が終了し、今に至る。

派手なことはしていないが、じっくり時間をかけてJavascriptを書くことができたし、就職活動やインターンを通して多くの学生や社員さんと話す機会を得た。そうしたことを通じて内面的な心境の変化があったように思う。具体的には今まで以上に知らない環境に飛び込んでみたりするようになった。自分と違う考えを持った人と話すことにより、自分の考えを改めて見直すことをするようになった。1~3回生での自分は今ではうらやましいくらいの行動力があったが、まわりが見えていないことが多かったように思う。そのように省みることで、周りの友だちから「変わった」と言われることが多くなった。

この1年の心境の変化や考えの変化の記録を取っていなかったことが悔やまれる。だから短くて良いからブログを書いていきたい。これまで何度と言ってきたことかわからないが。

広告を非表示にする