not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

Titaniumでボタンを押してアラートを表示させてみる

ボタンを設置する

var button = Ti.UI.createButton({
	title:"push me",
	top:100,
	height:30,
	width:200
});

ボタンの文字は「text」ではなく「title」であることに注意します。位置や大きさを決めるところはラベルと同じです

押したときの処理

button.addEventListener("click",function(e){
	//押したときの処理
});

clickイベントを設定します。Titanium特有の記述方法ではなく、普通のjsです。

コンソールに表示

Ti.API.info();

通常のJavascriptで言うところの「console.log()」にあたります。これでデバッグがしやすくなります。

アラートを表示

var alert = Ti.UI.createAlertDialog({
	title:"delete?",
	message:"Are you sure?",
	buttonNames:["OK","Cancel","HELP"],
	cancel:1
});

buttonNamesは選択肢を表しています。最後のcancelはキャンセル処理の項目が何番目になるのかを記述します。

結果

f:id:naoyashiga:20140219103220j:plain
ドットインストールを見ながらやると、すいすい進んで、やってる感が出て良いですね。
・参考サイト
#10 アラートダイアログを表示する | Titanium Mobile入門 - プログラミングならドットインストール