not good but great

プログラミング、アート、映画・本の感想について書きます。

美術

高須光聖「1万円アート展」

1万円アート "東京 3/100 テディベア展" 2017.04.29 SAT - 05.28 SUN @SEZON ART GALLERY 放送作家の高須さんが企画の「1万円アート展」の最終日に行ってきた。芸人や著名人が100人中3人くらいが気にいりそうなテディベアを作るという企画。ただし制作費は1…

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2015」

東京ミッドタウンのデザインハブで「日本のグラフィックデザイン2015」を見た。 世界卓球のグラフィック。抽象絵画のよう。卓球に使う道具のみで構成され、緊張感があった。 魚にも、うまいにも見えるグラフィック。漢字を崩すというのは面白い。

国立新美術館「ルノワール展」

ルノワール展に行った。 「ムーラン・ ド ・ ラ・ギャレットの舞踏会」は光か輝いておりとても美しかった。音声ガイドによると、空が書かれていなくても、木漏れ日のを書くことで、十分に明るさを感じることができるらしい。また「田舎のダンス」という作品…

ベルリンビエンナーレ

トークセッション。英語だったけど理解できず苦痛になってきたのですぐ退散したw ベルリンビエンナーレはいくつか会場があり、3つほど回った。 有名な門の近く会場が1番面白かった。 こういうよくわからないマネキンの作品がたくさんあった。 アムステルダム…

ベルリン East Side Gallery

ベルリンの壁にアーティストが壁画を描いているエリア、イーストサイドギャラリーに行ってきた。 裏側は河になっており、人々が寛いでいた。平和だった?

マウリッツハイス美術館

アムステルダムから電車で1時間ほどのデン・ハーグへ。 マウリッツハイス美術館に行ってきた。レンブラントやフェルメールの絵があるそうなので足を運んでみた。 日本語の音声ガイドアプリがあったので、解説を日本語で聞けた。このレンブラントの作品は集団…

ゴッホ美術館

ゴッホ美術館に行ってきた。日本語の音声ガイドもあったので、作品背景を知ることができた。 撮影NGだったので作品の写真はないけど、ゴッホの数多くの作品を見ることができた。 ひまわりを生で観れたのは良かった。また農民を描いた作品についてよく知らな…

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館に行ってきた。 レンブラントやフェルメールといった著名な方の作品がたくさんある。 フェルメールは大人気だった。 ゴッホ美術館のあとに行ったので、疲れてしまった? 子どもたくさんいた。美術の授業か何かだろうか。羨ましいw

アムステルダム市立近代美術館

アムステルダム市立近代美術館に行ってきた。 モンドリアンやマレーヴィチなどの作品があった。 Jon rafmanという人の作品がおもしろかった。鑑賞者は柔らかい無数のボール中に体を埋めて、ビデオを見る。ビデオは実写とアニメが混ざった卑猥なビデオ。誰で…

アムステルダム「THE ART OF BANKSY展」

アムステルダムで行なわれていたバンクシー展に行ってみた。 アムステルダム駅周辺はバンクシー展の広告がたくさんあった。これも広告?本当の落書きかもw バンクシー展があると最初は知らなかったので「あ!」と声を上げそうになった。 落書きを撮った写真…

アントニ•タピエス美術館

アントニタピエス美術館に行ってきた。 皿を積み上げて、映画撮影に使うフィルムのように見せている。 全体的にあまり興味をそそられず。 Farockiという人のビデオ作品展が別の階で開かれており、そちらの方がおもしろかった。 これは建物を作る過程を途上国…

ピカソ美術館

写真がNGだったので入り口の写真。 ピカソの若い頃の写実的な作品を見た後で、キュビスムの作品を見ると、入念に構成されているのかなあと思った。 ベラスケスのラスメニーナスの模倣は、大きな作品一つだけではなく、数多くの準備があったことに驚いた。ま…

スペイン・フィゲラスのダリ劇場美術館

バルセロナのサンツ駅から1時間50分。ダリの故郷フィゲラスに着く。 15分くらい歩くとダリ劇場美術館が見えてくる。かなり迷ってしまった。道を尋ねて到達。 反対側から見ると、ガイドブックに出てる外観が見られる。 入るとダリワールドが広がっている。 絵…

カタルーニャ美術館

ロマネスク?時代の絵や壁画がたくさんあった。あまり興味がわかなかった。かなりひろいのでがっつり見るのは結構大変なので、適当に見て出た。高台にあるので眺めは良い?

バルセロナ現代美術館

バルセロナ現代美術館に行った。PUNKについての展示がされていた。これはno futureという看板をつけた車。この車のロードムービーが作品として放映されていた。 別のアーティストの個展もやっていた。 バルセロナ現代美術館前は舗装されており、広いスペース…

「ELEGANT CELL 細胞とバイオマテリアルの小さな実験室」に行った

Research Portrait 02 "ELEGANT CELL" 東京大学山中研究室が主催する「ELEGANT CELL 細胞とバイオマテリアルの小さな実験室」という展示に行った。 細胞を直に操作して細胞の折り紙や細胞のビーズを作ったりして面白かった。生物が細胞の集合体ということを…

村上隆 個展「円相」に行った

広尾にあるギャラリーペロタンポップアップギャラリーであった、村上隆 個展「円相」に行った。ギャラリーの入り口がわかりづらく、見つけるまでに時間がかかった。人は全然おらず、ほぼ自分一人しかいなかったので、とても良い空間だった。畳のスペースもあ…

「村上隆の五百羅漢図展」を見た

村上隆の五百羅漢図展 ::: 2015年10月31日(土) ― 2016年3月6日(日) ::: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階) 展覧会は写真、動画撮影OKで、SNSでの拡散を狙っているのかなと思った。作品がカラフルで大きく、写真映えするのもあって、多くの人が写真を…

大原美術館と豊島美術館に行った

大原美術館は予想よりも多くの有名な画家の作品があった。ジャクソンポロックの作品があって驚いた。こんな田舎の倉敷に名作がたくさんあり、不思議な気持ちになった。 豊島美術館は美術館自体が一つの作品という感じだった。てっきり絵画が展示してあると思…

尾形乾山はメディアアーティストそのものだった 六本木・サントリー美術館「着想のマエストロ 乾山見参!」展

六本木・東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で行われている「着想のマエストロ 乾山見参!」展 の終了が近いと聞き、滑り込んだ。(7/20まで) サントリー美術館「着想のマエストロ 乾山見参!」展 開催 会期:2015年5月27日(水)〜7月20日(月・祝) 20…

D&AD賞2014展で「NS Dutch Railways」を見た

汐留電通本社ビル近くにあるアドミュージアムでやっている「D&AD賞2014展」に行った。 D&AD賞2014展 | アド・ミュージアム東京世界のすごい広告が展示されていた。日本の「Sound of Honda」やVOLVOのジャンクロードヴァンダムが開脚するやつとかが紹…

メディア芸術祭行った

人がとても多かった。無料だからだろうか。http://j-mediaarts.jp/awards/excellence_award?section_id=1&locale=ja#item2 「センシング・ストリームズ―不可視、不可聴」を見たけど、音がとても不快ですぐに立ち去ったw 電磁波をビジュアライズってそんなに…

東京カテドラル聖マリア大聖堂・丹下健三設計

護国寺駅の近くにある「東京カテドラル聖マリア大聖堂」に行った。Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 01月号出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2014/12/10メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る立ち読みしたCasa BRUTUSに掲載されて…

江戸糸あやつり人形 結城座 「芝浜の革財布」@亀有リリオホール

機会あって『江戸糸あやつり人形 結城座 「芝浜の革財布」』を見に行った。 江戸糸あやつり人形劇団 結城座 江戸糸あやつり人形劇団 結城座 リリオホール|芝浜の革財布〜今此再来浜正夢〜 亀有リリオホールというところであった。 見た感想 落語家もあやつ…

「活動のデザイン展」21_21 DESIGN SIGHT

「活動のデザイン展」に行った。21_21は「トゥーワントゥーワン」と発音する。ニジュウイチニジュウイチと読んでいた。 インターネットが人々の生活に広まって、それでほんまにええのか?と感じることができるメッセージがどーんと飾ってあった。

「大友良英 音楽と美術のあいだ」展@NTTインターコミュニケーション・センター

ICC ONLINE | 大友良英 音楽と美術のあいだ | はじめに 大友良英さんのトークショーを聞いた 「大友良英 音楽と美術のあいだ」に行った。大友さんのことは全く知らなかったけど、暇だし行ってみるかという軽い気持ちで行ったら、本人が来ていて、トークショ…

『デスクトップの風景論 アーカイヴと無意識』@IMA CONCEPT STORE

インターネット時代の風景論 インターネット時代の風景論 | EVENT | IMA ONLINE 六本木のIMA CONCEPT STOREというおしゃれなカフェに『デスクトップの風景論 アーカイヴと無意識』という講演会を聞きに言った。参加費2000円もした。高かった。Semitransparen…

吉田ユニ展 “IMAGINATOMY”@ラフォーレミュージアム原宿

館内からのお知らせ : 吉田ユニ展 “IMAGINATOMY” - ラフォーレ原宿 アートディレクターの吉田ユニさんの個展に行った。 こちらは写真を加工して、金髪と黒髪にしているのではなくて、実際にメイクをして撮影している。

銀座のTHE MIRROR(名古屋商工会館)

THE MIRROR THE MIRROR | Hold the Mirror up to nature 取り壊される予定の銀座にある名古屋商工会館で開かれているアートイベントTHE MIRRORに行った。6F建てのビルの中がギャラリーになっており、いろいろな作品が展示してあった。

test pattern [nº6] : Ryoji Ikeda@表参道スパイラル

test pattern [nº6] : Ryoji Ikeda | EVENT SCHEDULE | SPIRAL WEB ヴィジュアル・アーティスト、池田亮司がやっているイベントに行ってきた。自分は2日目のお昼に行き、ちょうど空いていたので、ほとんど並ぶことはなかった。初日の夜は3時間待ちくらいだっ…

「逆転移」 リギョン展 Ginza Maison Hermès

【アート】「逆転移」 リギョン展 | Le Forum | HERMES - エルメス公式サイト 【アート】「逆転移」 リギョン展 | Le Forum | HERMES - エルメス公式サイト《善悪の知恵の木》という作品、真っ白な部屋に電球がいくつもあって、強烈な光で目がくらんだ。 《…

チューリッヒ美術館展

国立新美術館の「チューリッヒ美術館展」に行った。モンドリアンモンドリアンの作品初めて見た。キャンパスの白いところをよく見ると、ひび割れがあるのがわかった。シャガール写実的な絵から段々と抽象的な作品を展示していた。そこからシャガールの部屋に…

東京ミッドタウン「デザインのスイッチ」

東京ミッドタウンでは「デザインのスイッチ」というイベントが開かれています。 http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2014/ SPARKLE LOUNGE プロダクトデザイナー吉岡徳仁の作品「SPARKLE LOUNGE」を見た。照明が白く眩しく、他の空間とは違う雰囲…

サントリー美術館「高野山の名宝」展

サントリー美術館で行われている「高野山の名宝」展を見に行った。 高野山開創1200年記念 高野山の名宝 サントリー美術館密教の内容について知ることはできなかったが、密教の内容は文章で伝えるだけではなく、曼荼羅図で伝えることもされていたようだ。その…

「ザハ・ハディド」展@東京オペラシティアートギャラリーに行った

初台にある東京オペラシティアートギャラリーで行われている「ザハ・ハディド」展に行った。 ザハ・ハディド|東京オペラシティアートギャラリー

セミトランスペアレント・デザイン「退屈」の内容がよくわからなかった

ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)で開催されていたセミトランスペアレント・デザインの「退屈」という展示を見に行った。 Semitransparent Design: Boring/Bored | Semitransparent Design™ 作品がいくつか展示されていたけど、解説がなく、何につい…

ジャン・フォートリエのインタビュー映像が面白かった

B3階【ジャン・フォートリエ展】 | 現在の展覧会 | 展覧会 | NMAO:国立国際美術館 絵画に凹凸ができるくらいに厚く絵の具が塗られていた。これは写真ではなかなか伝わらないので、実際に見れてよかったと思う。 インタビュー映像が印象的 展示の最後にジャ…

京都国立博物館「平成知新館」に行ってきた。

京都国立博物館に新設された「平成知新館」に行ってきた。「平成知新館」では常設展がやっており、数多くの国宝が展示されていた。設計は豊田市美術館などを手がけた谷口吉生氏。 平成知新館(平常展示館) | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum クリー…

東京ステーションギャラリー「DISCOVER JAPAN」展に行った

東京駅にある東京ステーションギャラリーであった「DISCOVER JAPAN」展を見に行った。・概要 東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -清水義範「青二才の頃 回想の70年代」を読んだ感想と、「モーレツからビューティフルへ」の70年代 - not go…

teamLabの「Infinity of Flowers」を見に行った

グッチ新宿であったteamLabによる「Infinity of Flowers」という展示を見に行った。Infinity of Flowers | teamLab / チームラボ Infinity of Flowers | teamLab / チームラボこれは花びらを触ってしばらくすると花が散るようになっている。触ってから散るま…

レアンドロ・エルリッヒ展@代官山アートフロントギャラリーに行ってきた

代官山アートフロントギャラリーであったレアンドロ・エルリッヒ展 - Fragments of Illusion -に行ってきた。レアンドロ・エルリッヒは金沢21世紀美術館の常設作品《スイミング・プール》を作ったアーティストだ。 Staircase 中でも印象的だったのは「Stairc…

ステラ、ロスコの作品を生で見るために、千葉県にある川村記念美術館に行ってきた

千葉県にある川村記念美術館に行ってきました。 DIC川村記念美術館 「中高生のための現代美術入門」を読んだ感想 - not good but great先日読んだ、「中高生のための現代美術入門」を読んで、一度現代美術の作品を生で見てみたいと思い、千葉の佐倉市まで足…

『サザビーズ 「豊かさ」を「幸せ」に変えるアートな仕事術』を読んで、新しく知った美術作家

サザビーズ 「豊かさ」を「幸せ」に変えるアートな仕事術作者: 石坂泰章出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/10/16メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (9件) を見るオークションを運営しているサザビーズの日本法人社長である石…